スキンケア

肌の潤いが大事な3つの理由!おすすめ商品でお手入れしてみよう

鏡を見ると「毛穴の開き」「小じわ」「乾燥」が目立つ様になっていませんか?

全て肌の潤い不足が原因なんです。

潤いが不足すると、肌トラブルを起こすだけでなく、年齢以上に老けてみられたっ・・。

なんて事もあります。

産後、お肌のケアを十分にできず一時期はボロボロの肌になりました。

その時に改めて肌の潤いの大事さに気づくことができました。

そうならないために、「肌の潤いケア」していきましょう。

この記事では肌の潤いが大事な理由を3つお伝えします。

そして、おすすめするスキンケア用品を紹介させて頂きますので参考にしてもらえると嬉しいです。

肌の潤いが大事な3つの理由!

肌トラブル

乾燥は肌の表面だけでなく、内部の水分が不足した状態です。

肌内部の水分が不足すると、外部刺激(紫外線や繊維摩擦など)からの刺激をうけやすく、肌トラブルの原因となります。

シワ、たるみ

水分不足で潤いのない肌は「シワ・たるみ」となって現れます。

表面の乾燥は小じわですが、肌内部の乾燥が進むと「深いシワ」となって現れてきますので注意が必要です。

シミ、そばかす

水分が不足すると、肌のターンオーバー機能が低下し、紫外線で蓄積されたメラニン色素の排出が出来なくなってしまいます。

その結果、シミ・そばかすとなってあらわれますので、潤いをしかっりと与えましょう。

肌の潤い不足の原因

加齢によるもの

年齢を重ねるごとに肌にあるセラミドが不足して、水分を蓄えることができなくなります。

セラミドは不足していくものなどで、「補う」ことが大切になります。

そのセラミドの働きを活性化させて、肌の内部からふっくらと仕上げてくれます。

資生堂 エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション

紫外線

紫外線に浴びると、メラニン色素を肌内部に蓄積するだけでなく、水分を奪っていきます。

特に赤みや黒くなるまでに日焼けした肌の表面はカラカラに乾いた状態。

刺激や肌トラブルを起こしやすくなります。

ソフィーナボーテ 高保湿化粧水 しっとり

ジェル状の化粧水が肌にピッタリと密着して、火照った肌を鎮静化してくれます。

日焼けした日はかるく冷蔵庫で冷やした後に使用しています。

ジェル状になっているため、少し多めにのせて化粧水パックもおすすめ。

肌に潤いを保つためにしたいこと

それでっは、肌の潤いを保つためにはどうしたらいいのか?

代表的なものをあげてみました。

紫外線を浴びない

紫外線は浴びない事です。

一昔前は紫外線を浴びる事が推奨されてきましたが、現代の紫外線は昔に比べて強烈で有害です。

シミ・そばかすの原因だけでなく潤いも奪っていきます。

保湿をする

仕事や育児、レジャー等で肌内部の水分のいつの間にか逃げてしまします。

一日の終わりにはしっかりと水分補給をしましょう。

肌の細胞はほぼ水分で出来ています。定期的な水分補給をしないとカラカラになってしまします。

純米水しっとり化粧水(130mL)

普段使いに最適な金額と容量です。

お米で出来た化粧水で肌に染み込むとともに、肌表面を滑らかにしてくれます。

「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」がるのでお好みで選べます。

水分をとる

肌の外側からケアをすることはとても大切ですが、身体「内部」からもしっかりと水分補給をしてあげましょう。

先にもお伝えしました、身体の80~90%は水分です。

身体の水分不足はお肌の水分不足につながります。

肌の潤いが大事な3つの理由のまとめ

いかがでしたか?

お肌の潤いが大事な理由を3つお伝えしてきました。

また、潤い不足の肌に効果的なスキンケア用品を紹介してきました。

潤い不足は「肌トラブル」の原因を引き起こすだけでなく、シワ、たるみやシミ・そばかすの原因となります。

潤いのあるみずみずしい肌は不思議と若々しいく見えますよね。

シミやそばかすを気にする事も大切ですが、まずは「潤い」が大切ですよ。

まずは、2週間続けてみましょう。お肌に変化が見えてきますよ。

では、また(^_-)-☆

こちらの記事もおすすめ