生活お役立ち情報

部屋を掃除する5つのコツとは?キレイな状態を保つ方法を教えます

片付けてるはずなのに「部屋がキレイにならない」と思う時はありませんか?

お子様がいる家庭では特にそう感じるのではないでしょうか?

片付けた先から散らかっていく部屋・・。

どこがキレイでどこが汚いのか分からなくなりますよね。

子供が産まれて、家具の配置や収納、物の数を見直しました。

すると、今まで終わりのなかった家事が本当に楽になりました。

現在、部屋の掃除に悩んでいる方のために「部屋をキレイにする5つのコツ」と「キレイを保つ方法」をお伝えします。

部屋を掃除する5つのコツとは?

①物の数を減らす

物が多いと掃除のしにくさにつながります。

本当に必要なものか?今使っているものか?を判断して必要なければ捨てましょう。

ゴミの日にゴミ袋を持って家を一周してその都度捨てる癖をつけています。

②掃除機の道順を決める

掃除機をかけるときの道順を決めましょう。

日によってかける方法が違うと仕上がりにも差がみられます。

何も考えずに、出来る様に道順を決めておくとスムーズにそして確実にお掃除が可能です。

③おもちゃの管理

おもちゃの数は指定したカゴに入るだけと決めています。

まだ、小さい赤ちゃんですが、1ヶ月毎におもちゃの見直しをする様にしています。

既に興味を示さない、月齢期にあっていないおもちゃは処分かフリマサイトへ出品する様にしています。

④掃除場所を決める

毎日する掃除と特別な時にする掃除(週1回)を分けています。

毎日の掃除はコレと決めることで「家事のやりすぎ」を防ぐことができます。

完璧主義な私には最適な方法でした。

毎日する場所

・玄関 ・トイレ ・台所シンクの掃除

・掃除機がけ ・浴槽の掃除

台所やトイレ、お風呂は行ったついでや、使ったついでに一回行うだけなのでそんなに負担と感じていません。

朝の出勤前に「掃除機をかける」だけが意識して行っている事かと思います。

それ以上は気になっても「しない」と強く決めています。

⑤掃除の方法を統一

日によって掃除の方法が変わっていませんか?

朝、夜いつでも、どんな時でも掃除が出来る形づくりが大切です。

特殊な薬剤などは必要ありません。

あるもので家族皆が掃除できる方法を見つけましょう。

部屋を掃除するコツとは?キレイな状態を保つ方法

綺麗にした部屋は出来る限り、キープしたいものですよね。

そのために実践している事は物をその「都度片付ける」ことです。

シンプルな方法ですが、そうする事で部屋のキレイはキープできます。

・床に物を置かない

床が多く見えるほど、心なしかキレイな部屋にみえます。

何より「掃除がしやすい」というのが一番のメリットかと思います。

子供が遊ぶ度にコレダメ、アレダメと言わなくていい様に子供の手が届く位置や床には基本物を置きません。

・ゴミ箱を一つにする

ゴミの日の度にゴミを回収して回る事をやめました。

また、掃除機をかける度にゴミ箱を除ける動作が無駄だと感じる様になり、大きなゴミ箱を1つで生活しています。

家族はその都度捨てる事になりますが、今のところ文句は出ていません。

そのゴミを捨てるだけなのでとても楽になりました。

部屋を掃除する5つのコツとは?まとめ

いかがでしたか?

今回、「部屋を掃除する5つのコツ」についてお伝えしてきました。

家事は無限にありますので、全部をやろうとすると一日中家事漬け状態になってしまいます。

一時期の私がそうでした。

部屋を全部キレイにして外出しないと気が済まない性格だったので、待ち合わせギリギリになる事もしばしば・・。

時間がかかりましたが、毎日する家事としない家事を決めることで必要以上に家事をすることがなくなりました。

本当に大事なのは「家族が快適に過ごすこと」です。

それが基準になれば他の事をほっとくことも、先送りすることも出来る様になりました。

今回の記事がお掃除に悩む方の参考になる事があれば嬉しいです。

それでは、また(^_-)-☆

こちらの記事もおすすめ