生活お役立ち情報

理学療法士が転職で成功する秘訣を紹介!体験談から伝えていくよ

理学療法士のゆかりんごです。

専門学校や大学を卒業して国家試験合格おめでとうございます。

期待とやる気に満ち溢れて就職した職場に年々違和感を覚える事はありませんか?

就職して一度も転職経験がない方はいまの職場が基本となるため、他との比較ができないのが現実です。

たまに学生時代の同期と話すのは理学療法の話。

こんな症例を担当している、こんな上司がいる・・・。なんて話をする中で「このままではやばいっ」と思う事はありませんか?

転職という道も一つの手段です。その理由を自身の体験を挟みながら伝えていきます。

この記事は【理学療法士】の方を主な対象としていますので、専門用語が使用されているかもしれませんん。あらかじめ、ご了承下さい。

理学療法士が転職で成功する秘訣を紹介!

理学療法士の転職の成功とは「自分のやりたい仕事(分野)」で働けるという事ではないでしょうか。

理学療法士は患者様もしくは利用者様の身体機能の維持、向上を目的に理学療法を行うことです。

その働き先によって「誰にどの様な理学療法」を行うのかが大きく変わってきます。

例えば、術後間もない症例を診たい、整形疾患の急性期を診たいと考えているセラピストが施設勤務ではその機会は遠のいてしまいますよね。

もちろん施設でも急性期にあたる可能性はありますが、施設設備や診療報酬の問題で他施設で処置を受けることになるかと思います。

まずは、「自分がどの分野」「どんな症例を診たいのか」を正しく理解し、それがかなう施設へ就職することが大切になってきます。

理学療法士が転職する上で感じた事(体験談含む)

始めて就職した企業の都合上、全国各地の病院立ち上げで職場を転々としました。

独身という事や環境の変化が楽しい時期だったため、苦に感じる事はありませんでした。

その経験から感じた内容を伝えていきます。

 ①転職した理由

先にも述べましたが、企業の都合での転職です。

系列病院を他県に作るという事で期間限定で派遣され、そこで理学療法士として働いていました。

期間終了に伴い、元の病院に戻るという生活をしてきました。

しかし、その経験は私を大きくすると共に今後の理学療法の転職においてとても大きな強みになったと考えています。

 ②就職して5年目までしておきたい事

専門職で良く聞かれるのは「経験年数」ではないでしょうか?

なぜ経験年数かというと、その年数だけ症例を診てきたという指標にもなるので経験年数を聞きます。

逆を言うと、年数に伴う症例経験を積んでおく必要があるという事です。

転職した際に経験年数を伝えるという事はそれに伴うスキルや経験があると思われているという事ですので、5年目までには脳血管障害、整形外科疾患、心疾患等様々な経験を積んでおく事が大切です。

 ③職場や地域による違い

他の県に行って気付いたのが、仕事への取組みの差です。

人口の少ない地域では理学療法士がブランド化しているため、一昔前の様に「先生」と呼ばれることが当たり前の地域もあります。

また、患者層も高齢者が多い少ないも地域差がありますので、自分の地域や職場は全体的にどういう位置にあるのか客観視することも必要と思います。

 ③結婚・出産によるプライベートの変化

妊娠・出産、子育てによって働き方を変える必要がでてくるかと思います。

急性期や回復期では重症患者が多く、肉体的にもハードな場合がほとんどです。また、診療報酬の兼ね合いで1日しっかりとリハビリする必要がありますので、急に休む事が難しいのが現状です。

定時退社ができる事や症例の重症度を考えると、老人保健施設やクリニック等の勤務が適しているかもしれません。

クリニックは仕事帰りの利用者を対象にしている場所であれば、朝遅く、夜遅いという所mありますので自分の生活スタイルによってはいいかもしれません。

 ④職場の将来性

診療報酬の改定で必要なセラピストを確保できない、採算が合わず閉業するところもあるのが現状です。

長く勤めたいと考えるのであれば、「職場の将来性」があるのかをしっかりと見極めたうえで就職しましょう。

失業保険等で給料保障はありますが、倒産する会社で学べるものや得られる経験は少ないと思いますし、転職するにはエネルギーが必要です。

できる事なら無駄なエネルギーを使いたくないですよね。

 ⑤今後の展望

今の職場環境が良い悪いに関わらず、今後の理学療法士の立場はどうなるのか?を把握しておく事が必要かと思います。

何度も伝えますが、診療報酬の改定で理学療法士の立場も10年後はどうなっているかわかりません。

どんな時代になっても対応できる、経験とスキルを身に付けるために今の職場で何を得られるのか?自分のスキルアップにつながっているのか?生活とのバランスがとれているのか?を自問自答する時間を作ってみて下さいね。

理学療法士が転職で成功する秘訣を紹介のまとめ

いかがでしたか?

転職するにはかなりのエネルギーが必要となります。人によっては住宅環境や生活リズムを変える必要があるかもしれません。

そのエネルギーが最大限に高まった時に良い就職先に巡りあった時、スパッと転職しちゃいましょう。

正直、理学療法士の求人は給与面や場所を選ばなければまだまだあります。

しかし、自分の給与を下げてまで転職したいとは思いませんよね。

もし、転職したいと思うのであれば「自分を高く売る強み」を見つけて転職しましょう。

それがないうちに転職しても同じことの繰り返しです。やはり、信用問題になりいますので次の就職先で採用される可能性が低くなりますよ。

今回の記事が理学療法士が転職する際のお役に立つことがあれば幸いです。

では、また(^_-)-☆

こちらの記事もおすすめ