スキンケア

肌が弱い人必見!もちもち肌を保つためにおすすめな習慣5選

肌が弱い人に必見!!

もちもち肌を保つためおすすめな習慣5選を紹介していきます。

肌が弱い人の特徴

○お風呂後にやること○

・化粧水をつける

・美容液をつける

・オイルをつける

○朝起きたらやること○

・顔を水で洗って化粧水をつける

・朝用のパックをする

肌が弱い人の対処法まとめ

以上のような習慣をすることで、肌が弱い人でも十分もちもちの肌になっていきます。

肌が弱い人の特徴

肌が弱い人の特徴として、外部刺激(外気からの感想、布団や洋服繊維による摩擦、コスメ用品)に敏感で乾燥肌です。

乾燥した肌はそれ自体が「かさつき」として不快な症状をもたらすだけでなく、様々な肌トラブルを引き起こしやすくなります。

外部刺激で影響を受ける肌は内部環境を一定に保つことが出来ないのでトラブルを引き起こしてしまいます。

肌が弱い人にお風呂後やってほしいこと

化粧水をつける

とにかく「保湿」

化粧水はできるだけ早く付けて下さい。洋服を着る前です!

お風呂で温まった肌についた水分はすごいスピードで蒸発していきます。ここで誤解しないで欲しいのが「吸収」ではなく「蒸発」しているってことです。

「蒸発」する時は肌内部の水分も一緒に外へ連れて行ってしまいますので、できる限り外に逃がさない様早い保湿必要なのです。

美容液をつける

「美容液」は個人の肌のお悩みに合わせたものでいいかと思います。

シミが気になるならシミに特化した美容液、シワならシワという風にですね。

私は2種類の美容液を必ず常備しています。

その日の肌の状態に合わせて美容液をつけています。

よく、美容液を2.3種類重ねつけする方がいらっしゃいます。

私の経験上、それはお勧めしません。美容液同士が肌上で重なってしまいますし、せっかくのいい美容液の効果が最大限に発揮できていない印象でした。

もし!もしも2種類どうしても使用したいと考えるのであれば、美容液後につける乳液やオイルに成分が入ったものを使用することをおススメします。

例)  美容液(美白)→オイル(保湿)

オイルをつける

化粧水でしっかりと保湿した後は「蓋」をすることが重要です。

「蓋」オイルすることをおススメします。

オイルは水分をはじくだけでなく、外部刺激から肌を守ってくれてます。

肌の内部を一定に保ってくれるためトラブルの起こりにくい肌になります。

オイルについて

「オイル美容」という言葉がありますがオイル=美容ではないので注意が必要です。

ものによってはより乾燥を悪化させてしまう可能性がありますので、オイル選びは慎重にしましょう。

乳液の代わりにもなるオイルを紹介しておきます。

 

肌が弱い人に朝起きたらやってほしいこと

顔を水で洗って化粧水をつける

敏感肌でモチモチになりたいなら朝洗顔はお勧めしません。

洗顔=油分の除去=乾燥

と考えた方がいいかと思います。

小鼻やおでこのテカリが気になるならその部分のみに洗顔の泡を乗せて下さいね。

朝用のパックをする

お肌が弱い方にも朝パックはお勧めです。

小さいお子様がいる方、朝はゆっくり寝ていたいという方にも!

「普段使用しているパックを朝使用する」でも構いませんが、普段使用している化粧品との相性が悪いと、化粧ノリが悪い原因となりますので注意が必要です。

最近は朝専用パックが出ているので、それがおススメです。

肌がシャキッとしますし、洗顔も不要、そしてその後のメイクの邪魔もしないので朝専用パックをおススメします。

肌が弱い人の対処方法まとめ

お肌が弱い方への習慣をお伝えしてきました。

大切になってくるのは「習慣」かと思います。

お肌のコンディションは日によっても季節によっても変化し続けます。

変化に対応できる肌にするためにも、まずは肌の基盤を整えることが大切です。

簡単でなければ続けられない!をモットーに「美」をより身近に取り入れられるような「習慣」をお伝えしました。

そのためには普段のスキンケア習慣を見直すとともに、ご自身の生活スタイルに合った方法を見つけてみてくださいね。

それでは今回はこの辺で終わります。

美容ブロガーのゆかりんご(@yukaringo0311) でした。

こちらの記事もおすすめ