育児

家事と育児を両立する方法!無理をしないで実践してみてね

家事と育児の両立が出来ないと悩む事がありませんか?両立するには、無理しないしくみ作りが大切です。

普段の家事に加えて「育児」

育児は大人の思う様にならない、子供のご機嫌によって左右されるため時間の縛りがないのがありません。

今実践している方法をすることで、家事も育児も無理なくこなせています。

家事と育児を無理なく両立するための方法をお伝えしていきます。

家事と育児を両立する方法!

早速ですが、家事と育児の両立には「無理しない」事が大切だとお伝えしました。

具体的には何を無理しないのか?そして、両立するための工夫をお伝えしていきます。

収納

時短につながる工夫

帰宅後コートやジャケットをリビングのソファーに置いていた夫のために、リビングクローゼットの左側を身支度スペースにしました。

リビングが服で散らかることがなくなり、片付ける手間がなくなりました。

小物は定位置に

散らかりやすい小物類は専用スペースを作りました。

専用スペースには、鍵、財布、時計、スマホどな仕事や外出で持っていく小物を一カ所にまとめて収納しています。

物の定位置を決めた事で朝物を探す事がなくなりました。

クローゼットの工夫

ネットショッピングをよく利用するので、すぐに段ボールがたまります。

そこで、クローゼットの一部に専用スペースを作りました。段ボールやチラシを縛るビニールテープとはさみも近くに置いて、ゴミ出しはスムーズです。

こどもスペース

おもちゃ収納は、見た目やデザインより子供が片付けやすいかどうかが第一優先です。

引き出し収納やボックスは片付けにくそうだったので、ポイポイ放り込めるオープンタイプの収納ボックスを使っています。

中は仕切らず、重ねないのもポイントです。ボックスが多くなってきたら、子供と一緒に中身を見直し、整理しています。

掃除・洗濯

掃除が楽な空間作り

リビングダイニングにはものが集まりがちですが、持ってきたものは各部屋に戻すように心がけています。

ものが少ないと片付けも掃除も楽にできます。ラグは洗濯機で洗えるタイプのものと大きさを選ぶ様にしています。

道具の置き場所

ホコリがよくたまるテレビ近くのカーテンフックに、ダスターをひっかけ収納しています。

テレビを見ながらサッと掃除が出来るので楽です。

掃除習慣をつける

朝いちばんでモップがけをします。起きてきたその足で床の全てをドライモップします。

毎朝5分足らずのこの作業で1日の最低限の掃除を終わらせる事ができるため、気分的にとても楽です。

バスルームの掃除の工夫

既存のラックを外したため、シャンプーボトルはタオルバーの上に置いています。

洗面器や椅子は引っ掛け収納が乾きやすく、毎日最後に入った人が掃除し、水切りまでするルールです。

洗面所・玄関

我が家の掃除は「ついで」が基本。

使ったついでに掃除が出来るように、洗面台にはメラミンスポンジ、パストリーゼ、ふきんを配置。

気になったときにサッと掃除出来るようにしています。

家事と育児を両立するには減らす

家事は時間を減らす要素が多くあると感じました。

毎日必要だと思っていた家事の見直しをしてみませんか?

時間を減らすためには、【物と行動】を減らすことが手っ取り早くていいと思います。

①洗い物  →  食器洗浄機

②洗濯物  →  洗濯乾燥機

③服、食器 →  減らす

④掃除   →  朝一回

家事時間を減らすことで、育児に十分な時間をとることで出来るだけでなく、自分や家族の時間を作ることができます。

そもそも両立を目指さない

考え方も変えました。

「そもそも家事と育児の両立を目指さない」という事です。

身体は一つしかありません。

両方を100%でする事をやめることで、気持ち的にとても楽になりました。

今では、家事40%、育児60%の力加減でやっています。

協力者をつのる

そうはいっても、出来ていない部分に目が行っちゃうという方におススメしたいのは、「協力者をつのる」です。

協力者は夫や親、上の子がいる場合はお兄ちゃん、お姉ちゃんの力を借りましょう。

ここで大切なのは”協力してもらう”であって”協力させる”ではありませんよ。

気を付けて下さいね♪

家電に頼る

毎日の家事を楽にするためには「便利家電」を使用しましょう。

最初は金額が大きく、買うのにためらうかもしれません。

家電を購入することで、毎日の家事時間がはるかに少なくなりました。

やめる、しない

普段、当たり前と思っていたことを思い切って「やめる」「しない」と決めました。

毎日のタオルや下着類の洗濯物は、全て乾燥機にかける事にしました。

そうする事で、干す、畳む、しまうという動作が必要なくなりました。

夜乾燥機をかけるので、翌朝には仕上がっています。

その下着を翌日使用するので、しまう必要もありません。

脱衣所のカゴにセットしておくだけでオッケーです。

1回と決める

掃除機は1日1回しかかけません。

子供がハイハイするので、気になるたびに掃除機をかけていました。

吸い取りにくい、掃除機を「ダイソン」に変えました。

一回で細かいゴミをしっかりと吸い取ってくれるので、かけ直しの必要がなくなりました。

家事と育児が両立できないわけ

家事と育児に悩む人は良くこんな事を言っています。

家事も育児も両立なんてできない。

自分の時間なんてあるわけない。

うちの子供は育てにくい子供だから。

本当にそうでしょうか?

時間や子供を理由にする前に、自分の行動や生活パターンを見直してみましょう。

メイク

メイク道具は洗面所に置くようにしています。

洗顔後にそのままメイクをします。日々の簡易メイクはそこで終了。

お出かけや特別な日は、座ってゆっくりとメイクをしますが、それ以外は洗面所で済ませます。

料理

夫はおしゃれな料理料理よりも、がっつりとしたご飯のお供になる様なご飯が好きです。

無理に使いにくい食材を買う事や、見栄え重視の料理をやめました。

時には、鍋ごと食卓に並ぶ事も・・。

料理に力を入れ過ぎない事が続けるコツと知りました。

お掃除

普段必要なお掃除と週1回のお掃除を分けましょう。

その都度キレイにする方が、汚れが落ちやすくていいのは百も承知です。

家族から見て汚れていない場所は、週1回にしちゃいましょう。

家事と育児を両立する方法のまとめ

いかがでしたか?

家事と育児の両立は大変です。それには、もちろん夫や家族の協力が必要になってきます。

中には仕事もされている方、シングルで育てられている方など状況は様々です。

家事と育児を両立するためには、今までしていた当たり前をなくす、そしてしない工夫が大切です。

時間が平等で限りがあります。その中で自分のしたい事を実現するには、生活の見直しが必要になってきます。

その結果、私は今、生後8ヶ月の子供の育児と家事をしながら「ブロガー」として日々ブログを書いています。

年明けには仕事復帰を予定していますので、また何かを減らす予定です。

今回の記事がお役に立つことがあれば嬉しいです。

それでは、また(^_-)-☆

こちらの記事もおすすめ