ミニマリスト

断捨離の仕方はどうやるの?物を少なくする5つのコツを教えます

いきなりですが、「あなたの部屋は快適ですか?」

自信をもって「はい」と答えられなかった人は断捨離をする必要があります。

断捨離というと、やみくもに物を捨てることだと思っていませんか?

実は、物を捨てる=手放すことで得られるものが多いんですよ。

部屋や家の主役はあなた自身です。いつの間にか、物を管理する部屋になっていませんか?それでは、倉庫と一緒ですよ。

厳しい事を言いましたが、より良い生活が送れるために始めましょう。

・断捨離の仕方はどうやるの?

①キッチン

②洋服

③本

④靴

⑤収納用品

・断捨離の仕方として間違いな考え

・断捨離の仕方についてのまとめ

 

・断捨離の仕方はどうやるの?

①キッチン

食べ物を扱うところは常に清潔にしておきたいもの。

まずは冷蔵庫の中身を全部出しましょう。腐ってっはいけないのでできるだけ早くスピーディーに行います。

賞味期限切れのものや食べる予定のないを捨てていきましょう。

冷蔵庫に必要ないモノを入れていると冷蔵機能が効率よく働きませんよ。

②洋服

2年着ていない洋服と今現在着れない服は処分しましょう。

「いつか着れる」「パジャマとして使える」というのは言い訳にすぎません。

今着れないものはその辺のホコリを拭いて潔くすてます。

もったいないという気持ちが、次回の洋服選びの糧となります。

③本

読まなくなった本が本棚に並んでいませんか?

キレイに本が並んだ本棚を見るととても気持ちの良いものですが、読まないかぎり「紙切れ」と一緒です。

まだ本がキレイなうちにフリマサイトや古本屋さんへ持って行きましょう。

④靴

靴を必要以上に持っていませんか?

靴箱に入らない靴は余分な靴として捨てましょう。

私もそうでしたが、足が痛くなるので長く履けない靴が沢山でてきました。

どんなにオシャレでも履かないのであればその機能を果たしてないという事です。

⑤収納用品

整理整頓をしようと100均等で張り切って買った収納用品。

その収納用品が場所をとっていませんか?

お子さんの成長や生活環境の変化によって収納も変化をしていく必要があります。

数年前に必要だった収納用品が現在必要とは限りません。

・断捨離の仕方として間違いな考え

・もったいない  ・高かったから

・いつか使える  ・思い出のために

・なにかって時のために

「断捨離」中によく言われるのがこの言葉です。

過去や未来の事を考えるがあまり、現在の生活が住みごごちの悪いものになってしまっては本末転倒です。

もったいない

もったいないと思うものを思いきって捨ててみましょう。

次回から買い物へ行くと簡単に買わなくなりますから。

高かったから

高くても今着ていない、使っていないのであれば必要のないものですよね。

使われて物はその機能を発揮します。

いつか使える、なにかって時のために

心配ごとの9割は起こりませんし、いつか使う時にはどこにいったか分からなくなっていることがほとんどです。

思い出のために

思い出は形ではなく、心の中に残しましょう。

もし、本当に残したいものがあるのであればデータとして残すなり、写真をとって残しておきましょう。

頂いた品もそうですよ、あげた方は覚えてませんからね。

まずは、「今現在」の生活に必要か必要でないかを考えてみましょう。

・断捨離の仕方についてのまとめ

断捨離の仕方について話をしてきました。

分かっていてもなかなかできないのが「断捨離」です。

一歩踏み出す前はなかなか捨てれない人でしたが、家のどこか一カ所を断捨離するとしていない所の空気が重く感じてきてしたくなる様になりました。

今では、気分転換や何か嫌な事があった時には断捨離をする様に心がけています。

物には気が入ってしまいます。その「気」が悪い物だとしたら、ずっと置いておきたくないですよね。

部屋に良い運気を呼び込むためにも是非「断捨離」をしてみましょう。

快適な生活が送れます様に。

では、また(^^