育児

0歳児から旅行に行くのがおすすめ!お出かけ前に準備する物を解説

0歳児から旅行に行くのがおすすめです!

お出かけ前に準備する物を解説していきます。

・なぜ0歳児から旅行に行くのか

・お出かけ前に準備をする物

・移動中に気をつけた事(公共交通機関)

・注意点と反省点

以上のような内容を紹介していきます。

なぜ0歳児から旅行に行くのか?

0歳児で旅行なんて・・・。

思われる方も多いと思います。

私もその一人でしたから。

経験したから自信もって言えます。

「0歳」のうちに旅行に行きましょう!

0歳児は病気になりやすかったり、環境の変化が不安と思われるかもしれません。

大丈夫です!大人が思っているより、子供は案外強いんですよ。

旅行先でも食べ物の心配はいりません。

ミルクや離乳食の準備だけで大丈夫。

子供の食べ物って2.3歳になってからの方が案外大変だったりするんですよ。

奥様の産後の疲れをいやす意味でも今のうちに行っときましょう!

参考記事→生後2ヶ月で旅行はあり?赤ちゃんと一緒に行った方が良い5つの理由

0歳児のお出かけ(旅行)前に準備をする物

0歳児との旅行で準備するものは基本のお出かけとほとんど変わりません。

ミルク等の食料とオムツさえあればどうにでもなります。

・オムツ(1日の使用枚数+20枚)

飛行機に乗る前や外出前、普段以上に交換することが多いです。+20枚は余裕をもっておきたいですね。

・おしりふき

・粉ミルク、ジュース(粉タイプ)

ミルクだったのでスティックタイプの粉ミルクを持参。水分補給のための水で溶かして飲む粉ジュース。

・敷きマット

オムツ替えや座敷で寝かせる際に使用。夏だったため、ひんやり加工のある薄いマットを持参。

・水のペットボトル(粉ミルク用)

・着替え

旅行先にコインランドリーがあったので着ていく服+2着のみでした。

・哺乳瓶(必要に応じて)

・洗剤、スポンジ(哺乳瓶を洗う用)

・おもちゃ

 

移動中に気をつけたこと

今回飛行機を利用しました。

離陸時の大きな音にビックリするといけないので、離陸直前にミルクが飲める用に準備をしておきました。

今回、国際線でしたが、「子供の飲み物と言えばミルク等の液体物や食べ物の持ち込みが可能です。

離陸後はお気に入りのおもちゃがあれば大人しくしてくれました。

搭乗手続き前にオムツ交換をしましたが、

目的地到着前に飛行機の中でオムツ交換を済ませて着陸しました。

荷物の受け取り等、時間がかかることもあるので、到着前にオムツ交換を済ませたのは良かったなと思います。

0歳児で旅行に行く注意点と反省点

楽しい旅でしたが、いくつか反省点を上げてみました。今後の旅行に役立てたいと思いましたね。

・オムツ、粉ミルクを持って行き過ぎた

・慣れない靴で足の疲れ倍増

・小物を入れるバックが必要

オムツ、粉ミルクを持って行き過ぎた

日本製のオムツがなかったらどうしよう。

不安な気持ちからオムツを必要以上の持って行ってしまいました。

行きのスーツケースはスカスカなので問題ないですが、帰りは荷物になって大変でしたね。

ちなみに旅行には「パンパース」がおススメです。なんといっても薄さ!替えのオムツをポーチに入れてもかさばる事がないのでとても重宝しました。

慣れない靴で足の疲れ倍増

当たり前の事ですが、靴選びは大切です。

普段歩きやすいと思っている靴ですが、旅行と普段使いは別ものと考えた方がいいですね。

我慢できず、旅先でスポーツシューズを購入しました。

特に、海外旅行となると日本の様に道路の整備が十分でないところもあります。

オシャレは少し我慢して「スポーツシューズ」で楽しみましょう。

小物を入れるバックが必要

赤ちゃんの荷物(ミルクやオムツ等)を入れるリュックのみでの移動は大変でした。

ちょっとした飲み物を購入する時など、わざわざリュックを下す必要がありました。

肩掛けの小さなバックを持って行くとスムーズだったなと思います。

赤ちゃんと大人の荷物は分けて運びましょう!

【まとめ】

0歳児を連れての旅行に不安があるかと思いますが、0歳児だからこそ行ける旅行とも言えます。
気分転換や思い出作りに旅行もいいかもしれませんね。

それでは今回はこの辺で終わります。

美容ブロガーのゆかりんご(@yukaringo0311) でした。

こちらの記事もおすすめ